FC2ブログ
Welcome happy

誰に似たのか(^^;)))

好きなもの
04 /17 2017

            

   服飾の世界は、見た目と違う大変な

 業界だよ。と、過去の自分の経験から

 伝えていたのだが┅┅!う~ん、、、

 厳密に言えば、私は服飾と言っても、

 服地のプリントの原図を描く

 テキスタイルデザイナ―だったので、

 朝から夜まで、ずっと、机に張り付いて

 手描きをしていた。なので、当然、当時

 どこかであったらしいバブルの香りなぞ

 一度も嗅ぐ事もなく、過ぎてしまった。

 今、思い返しても、麗しき20代を美大に

 続き、絵の具まみれで過ごしてしまった。

  

  だからと言って、後悔しているか?と

 聞かれれば、

      そうでもなく、

  ただ、ただ、

    思い出深いアトリエ時代である。

 

 それも、一重に好きなことだけを

 やり続けたから思える気持ちであろう。

  

 そして、当時、お金とは、別の

 家族内での自分の立ち位置に

 かなりの精神的ストレスを

 抱えていたこともあり、

 絵を描いていなかったら、

 生きて行けなかったかもな。とさえ

 思えたりもする。

 なので、生きるにおいて、

 子供にも、自分の好きな世界を

 是非とも見つけて欲しい。と

 思っていたら┅

 

 あはは┅!貴方もなのねぇ~~~

 まっ、当時のママよりは、待遇も良く、

 偶然に家から近くで、歩いて

 

 出勤!!しているし、

 どんな顔してやっているのかと

 覗いてみたら、とても優しくて

 感じの良い店長さんの元で

 それなりに頑張っていた(*゚∀゚*)

  

 そうよね。子育てって、

    心配するよりやらして

      みたらよいのよね~~!

 

 星から見ても、10ハウスに太陽を持つ娘。

 わたしより、ずっと、仕事で立つかも

 知れない。

 赤ちゃんの時から、人生の節目に弱く、

 ずっと泣き虫だった娘が、初めて

 初日から涙なしで、

        スタートしてた。

 

 それだけで、全てに感謝✨

 先が見えないのは、いくつになっても

 同じ事。ならば、時間と若さと

 ピュアな感性のある時に、風サインを

 使って、流行の中に飛び込むのも

 良しなんだろうな。

 欲を言えば、一年後、希望の企画部で

 商品カタログのデザインをしたい夢に

 ジャンプ出来たら良いね(^○^)

 母さんは、見守ってるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

非公開コメント

【Blue Birds】

© Copyright 2016 blue-birds