FC2ブログ
Welcome happy

蜘蛛の糸┅

絵画
07 /31 2017

     鴨居 玲

 一筋の糸にすがりつくような状態に、

 このまま手を放し、

 

 分かれて行くのもいいかな┅と諦めにも

 似た静かなゼロ地点を選んでみたく

 なる┅┅

  それも、一つの答えかな。って。

  心の何処かでつぶやく声がして。

  過去、好きだった人が亡くなったり、

  もう二度と会えない状況になったり、

  行方不明になったりで、ご縁が

  終わる時は、このような諦めに似た

  気持ちが勝っていたような気がする。

  こちらの思いと裏腹に、現実が

  突き付けられ、どんなに望んでも

  叶わないであろう。と別れを察知し、

  前に進む覚悟をするまでの

  ほんの僅かな

       空白の時┅┅

  この僅かな空白の時間に

  過ごしてきた相手へ

  自分の至らなさと

  愛しさと

  未完成な結末への後悔と

  そんな情動を思い出させてくれる

       鴨居玲。

  

 この人の赤と青は、見る者の心を

   素手で握るほどの激しさがある。

        

 

 あれから何年たっても、

        生き続ける記憶。

  当時と違う見返りのない感謝が包む。

   

   このような祈りのような気持ちへ

  変化するなら┅

 

   繰り返す出逢いと別れも

   受け取りながら、

   今、に焦点を合わし、

   光に向かって進んで行ける。

  

    

     

  

   

    

   

     

   

  

    

  

  

  

  

  

  

 

 

  

愉快な仲間たち展、最終日。

絵画
07 /10 2017

         

         

 今年の愉快な仲間たち展もたくさん

 のギャラリーに来て頂いて、

 無事に、終える事ができました。

 

     

      

 

  淡路島は、色んな年代の人が、

  ぷらっと絵を見に来られて、

  ごく自然に、ア―トが生活に

  溶け込んでいる姿が羨ましい

  です~!

    

  搬出日は、白い雲に覆われて

  ときおり雨の降る日曜日。

  

  来るたびに変わる風景も

  ここに来る楽しみのひとつ。

  

  海と空が限りなく溶け合う日。

   

  お天気の青い海とは対照的な

  幻想的で、柔らかい乳白色の  

  雲に包まれ、線状の船が

  渡っていく。

   

  

  見透しの効かない人生の

     航路のように┅

  

  明日は、あの青い空と海?

  それとも、もっと激しい雨が

  降る?

  人間の抱くちっぽけな野望や

  欲なんて、この大いなる変化

  の前で、書き消され、流される

     跡形もなく┅┅

 

  自然との共存は、自然への愛に

  気づき、敬う心を持たないと

  いつまでも受け入れて貰えない。

     愛し合うこと。

   これが全てを内在させ、

     豊かさを産む。

   

  自己愛だけでは、いつまでも

  

     

     愛は見えない。

    

      

  帰りに立ち寄った食堂は、

  目一杯食べて、650円!

  憧れの島の暮らし┅

  ア―ト山の皆様、

          お疲れ様でした。 

    

  そして、いつも呼んで下さり

  

   ありがとうございます。

  

    

  

  

   

  

  

   

  

第10回 ゆかいな仲間たち展

絵画
06 /29 2017

         

今年も参加します。

 淡路市立サンシャインホ―ル2F

   ア―ト山大石可久也美術館主催の

   ゆかいな仲間たち展  

 7月1日(土)~7月9日(日)

 

 10時~18時

 最終日は、16時まで。

 6日(木)は休館日です。

 明日、搬入~~✨

 さらっと10回って、10年続けて

来られたのね!

      

第2の故郷、大石夫妻のもとへ

      

    

模索

絵画
06 /05 2017

      

           

  蒼の┅

      

    夜の┅

      深海の┅┅

なんのために絵をかくのか?

絵画
06 /05 2017

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1402138746532800&id=100002100659224

 自分を見つめるため、

    自分の命を見つめるため、

  

  もしそんな気持ちが他の人にも

       伝わるなら、

  

  それが、

   あなたのエ―ルとなりますように。

        

               

  

   

 

 

【Blue Birds】

© Copyright 2016 blue-birds